ルナメアACの新技術、『アクネシューター』とは

Posted 12月 4th, 2013 by 美白 and filed in 美白
コメントは受け付けていません。

フジフィルムのルナメアACには『アクネシューター』と呼ばれる新技術が使われているそうですが、

この『アクネシューター』というのはいったいどんな技術なんでしょうか。

 

『アクネシューター』は、ニキビ対策に効果があるとされるさまざまな成分を詰め込んだ、ごく小さなカプセルのことです。

ルナメアACにはこうした『アクネシューター』に入れられた成分がたくさん配合されているので、

中の成分が皮膚表面からかなり奥の方まで届きます。そして、そこからニキビに効果を発揮するのです。

 

この『アクアシューター』に入っている成分の中身をちょっと見てみましょう。

たとえば、ビタミンE、グリセリン、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル、等々……。

ニキビに効果があるとされる成分が目白押しです。

 

この『アクアシューター』は本当に小さなカプセルなんですが、

そこに入れられている成分は、それよりもすごく小さな大きさになっているということですよね。

 

 

これまでニキビ対策によく使われてきたのは、グリチルレチン酸ジカリウム、アラントインといった成分です。

こうした成分のほとんどは水に溶ける性質を持っていますので、皮膚の表面ではじかれてしまいやすいという欠点がありました。

皮膚の表面には皮脂層があって、水をはじいてしまうからです。

このため、有効成分を皮膚の奥まで届けるのは至難の業だったんです。

 

それでは油に溶ける性質を持つ成分を使えばいいのではないか、とお考えになる方もいらっしゃると思いますが、話はそう簡単ではありませんでした。

化粧品という形にするには、非常に難しい技術的問題があったからです。

 

この点、このたび新しく登場したルナメアACには、フジフィルムが開発を成功させたナノマージ技術が使われています。

この新技術によって、ルナメアACではいままで化粧品にしにくかった油に溶ける性質を持つ成分を使った新しいニキビ対策ができるようになったのです。

 

ナノマージ技術をつかって、油に溶ける性質のある有効成分をカプセル状態に加工してあるので、

化粧品内部で成分がばらばらになってしまうことを防ぎます。

その状態で『アクアシューター』に入っている成分は皮膚の表面を通っておくまで届き、

そこで効果を発揮できるようになったのです。

 

こんなすごい技術が採り入れられているルナメアAC。ぜひ、ご自分の肌でその効果を体験なさってみてください。